2009年03月03日

喪失感と使命感と

今の上司とは一緒に仕事ができて本当に良かったと思っているのだが、
その理由は営業センスなど自分が足りないスキルに強い、というだけでなく
強い使命感に支えられて仕事をしている、というマインドにある。

実は、上司は約2年前に奥様を亡くされている。
必死の看病も実らず、31歳と言う若さで最愛の妻を失った喪失感は察するに余りある。

「これから先、自分が心から喜ぶことはないと思う」
「自分にはもう守るものがないから」

と言い、土日も休まず働き続ける上司の言葉には返す言葉がなく、
いつまでもその声が耳に残っている。

だが、そんな非情な運命を呪うでもなく、
今の上司を支えているのは、世の中を変えたいという強い信念だ。

もっと世の中が住みやすくなるようにしたい、
助かるはずの命を救っていきたい、

自分が墓に入るとき、妻に”俺はここまでやってきたんだ”と

胸を張って報告できるような仕事をしたい


という思いで、毎日を必死に生きている。
喪失感を、強い使命感に変えて、必死に仕事している。

高い志、それは決して望んで形になったものではないかもしれない。
でも、その強い意志が、周囲を変えていく。世の中を変えていく力になる。

人を動かす人、人を変えていく人とはどういう人か。
今の上司から教わっていることはとても多く、とても貴重に感じている。


posted by しゅらいぜ at 13:38| 東京 ☁| Comment(2) | TrackBack(0) | 雑想 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
こんにちは。
今日は娘に邪魔されながら家で、仕事してます。
PCで仕事しながら見させていただきました(^^)
またゆっくり寄らせていただきます。
ブログ応援してます(^_^)/
それでは。また。
Posted by ★KEEP BLUE★ at 2009年03月04日 13:45
コメントありがとうございます。

見てくれてます、のメッセージは励みになります。
やる気100倍で更新しよう。
Posted by しゅらいぜ at 2009年03月07日 22:15
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]


この記事へのトラックバック
×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。